回路を作る

「この仕事、一体どうやってやり遂げればいいんだ。。」こういう想いにかられるのはビジネスパーソンにとっては日常茶飯事。しょっちゅうぶち当たるわけだが、そもそもこの状態に陥るということは、頭の中に回路ができていないからだと思う。そう、ゴールに至るまでのイメージがどこかで止まっているのだ。

このもどかしい状態を打開するためにはなんとか回路を繋ぐしかないわけで、こんな時、ぼくはとにかく書き出している。思い当たることを箇条書きしたり、ネットに書いてあることをそのまま自分でも書いてみたり、フローを作って俯瞰してみたり。

そ、うやってもがき苦しんでいる内に微かだけど何かが見えてくることがある。点と点とが線になるなんて言い方があるが、そうじゃなくって点を打ちまくって線にする感じだ。

めちゃくちゃ疲れるけど、凡人はこんなもんだ。