履き違えた働き方改革

働き方改革、働き方改革って、もううっさいんだよ!すみません、心の叫びです。

どの会社も右にならえで長時間労働の抑制に取り組んでいますよね。しかしながら、部下を早く帰せばそれで済むと思っている無能なマネジメントが多い気がします。さらには残業申請を強制させるというつまらなすぎることをやり出す始末。

重要なのは一人ひとりとちゃんと話して残業の原因を洗い出す、そして原因を解消する仕組みを作ることじゃないですか。それをしないで上から目線で「残業するな」と叫んだところで何も変わるわけがないのだよ。

そもそもですよ、長時間労働の抑制=働き方改革と履き違えていませんか?

これから日本は加速度的に労働者が減り続けます。働き手が激減する。だから仕事の効率化が重要なのです。2人でやっていた仕事は1人でできるように、2時間かかっている作業は1時間に、効果が低い仕事は思い切ってなくすとか。こういう効率化をしてはじめて残業の是正に繋がるのです。その仕組み作りや改善を考えることがマネジメントの役割なはずですよ。効率化を考えることを部下に押し付けるのは勘弁してほしい。

さらに驚いたことに、こんな状態にもかかわらず従業員エンゲージメント(会社への帰属意識)を高めようとする風潮もあるのだから、もうちゃんちゃんらおかしいわけです。

だからお願いです、履き違えないために本質を理解してほしい。そして履き違えていることがわかったら素直に脱いで反省してほしい。そして最後にちゃんと本質を履いてほしい。そうやって働き方改革を進めようじゃありませんか。