大雨だけど選挙にいこう

非常に強い台風21号の影響で日本列島はひどい雨に見舞われています。ちょっと外を歩いただけで不快な靴と靴下となってしまいました。ということで先ほど投票を済ませ、今は図書館で乾かしています・・

こんな天候だと外に出るもの億劫ですよね、しかし、雨だから投票をしなくていい法律はありません。まだの方は頑張っていきましょう。

 

今回は衆議院選挙です。安倍首相こと、内閣総理大臣衆議院解散を表明したことによるまぁオーソドックスな選挙と言えるでしょうか。

なんでわざわざ解散をしたかって?それは安倍さんからすれば国民の民意を問うことができるからです。一時支持率が低迷したものの、この選挙で多くの議席を獲得できれば、それは「国民のお墨付きを得た」と言えるわけですね。

これは個人的な見解ですが、やっぱり消去法で自民優勢かなと。現に景気は一応上向きですし、北朝鮮からの脅威に対抗するには改憲はかかせないでしょう。

それに野党にはアベノミクスに対抗できる具体的な政策がないように感じます。というよりも脆弱さの方が目立つ始末です。注目されていた新党である希望の党は空中分解した民主党議員を多く入れたことで内部でも亀裂が生じている上、小池さんの二足のわらじにも批判が出ています。立憲民主党ツイッターの不正なフォロワー購入の疑惑が浮上し最初からおぼつかない状態。共産党なんて酷いもんですよ。NHKで報道したPRでは「安倍首相を倒す」の一点張り。倒した後にいったい何をしたいのでしょうか。

そもそも民主党時代の悪夢の政権がぼくの中でいまだに払拭できていません。あのようなことにだけはならないように、そう強く思うばかりです。

 

とにかく、投票をしないことには批判も意見もできません。さあ、みなさんも外に出てずぶ濡れになりましょう。

(つーかさ、ネット投票にできないのかな)