テレビは退屈なルーティンワークを映している

先週久しぶりに仙台の実家に帰省しました。
普段は朝のニュースしかテレビを見ないのですが、実家では常にテレビをつけっぱなしにする習慣です。ですので、嫌でも目に入ってきたわけです。

ゴールデンの時間の番組を見るのはいつぶりだろう・・と新鮮な気持ちでしたが、すぐにおやおや?と首をかしげることに。

それは以前見たときと代り映えのしない芸能人が同じようなことをしていたからです。こんなに久方ぶりに見たのだから新進気鋭な新人がオリジナリティ溢れる企画をしていてもよかったのですが、そんな発見もなく、ただただテレビ映えだけする人達がルーティンワークをこなしているように、そう僕の目には映りました。

 

よく言いますよね、テレビを見るとバカになるって。本当にそうだなぁと思います。だってそれは際限のない繰り返しだから。そこから得るものなんて皆無に等しいでしょう。

 

受動的にテレビを見るくらいなら、空でも見上げて物思いにふけったほうがよっぽど有意義な時間になるんじゃないですかね。

(テレビ好きに方にはごめんなさい!)