黒歴史だろうが、それが今の自分を形成している

みなさんにとって、黒歴史ってありますか?

まぁ、ありますよね。ぼくにも思い出すだけで脂汗が出てそれに引火して燃え盛るような、それはもう思い出したくない過去があります。

(その昔、会社の後輩に「サラリーマンは残業してなんぼだ!」と意気揚々に語っていたことがあります。その時の後輩の白い目を今でも忘れられません。。)

そんな過去は記憶から極力抹消したいものですが、そういう記憶に限っていつまでも覚えていたり、ふとした瞬間に蘇ってくるものです。あと、夢にでたりね。。

 

でもね、そんな過去が積み重なって今の自分が形成されていると考えたらどうでしょう?

過去の自分よりは今の自分の方がまだマシだと思う方が多いのではないでしょうか。その「少しのマシ」は黒歴史があったことに他なりませんよね。同じ轍を踏まないための思考や概念がしっかり脳内に構築されているわけです。

逆にその黒歴史を通ってこなければ、未熟なまま現在を進行していたかもしれません。

 そう、いまだに残業は美徳だ!とか言っていたかもしれないのですよ(ちなみに、現在の自分は残業をほとんどしない人間になり果てました)

 

過去の記憶ってどんなに酷いものでもちゃんと自分の血肉になっているのです。だから消し去りたいと思うのではなくて、むしろその記憶があって良かったくらいに考えてもいいかもしれませんね。