「ロボティック・プロセス・オートメーション」、これがスタンダードになる!

続々と経済紙などに取り上げられている注目のキーワード、それは「RPA」です。

数ヵ月前にうちの会社でも試験的に取り入れていたので、これはと思いすぐに飛びついてしまいました。

RPA、それは「ロボティック・プロセス・オートメーション」の略です。
字ずらでなんとなく察しがつくとおり、ロボットによる作業の自動化を指します。

例えば、勤怠システムを利用している場合、出勤時間や退勤時間、休憩時間の打刻漏れをしてしまうことってあるじゃないですか。

会社の勤怠担当者はそういう不備を目で拾って、修正を依頼する内容のメールを作成して、本人やその上長に修正の依頼をすることもあるでしょう。

 

これがRPAなら、PCにインストールしたロボットが勤怠システムを覗き、打刻漏れを見つけて、一覧データを作成する。別のロボットが、そのデータを参照し、修正依頼メールを作成し、本人や関係者にメールをする。ここまでロボット達が勝手にやっちゃうわけです。

人間がやることとしたら、PC内にいるロボットを起動させて実行ボタンを押すだけ。

まだまだテスト中ではありますが、これまで1時間かかっていたことが10分でできるようになりました。10分といってもそれはロボットが作業をしている時間です。人間は実行ボタンを押してしまえば、あとは別の作業に取り掛かれてしまうのです。

 

ぼくは確信しましたね、「RPA」はスタンダードになるって。これまでせっせと人の手でやっていたことは、もはやロボットに打って変えられる時代になったのです。

 

しかしながら、当然の如くロボットを疎ましく思う方々もいます。ローテクを当たり前だと思って作業している方々です。

 そういう人たちは声を揃えて言います。「私たちの仕事をとらないで!」ってね。

でもね、少子高齢化により生産人口の減少が加速している今、そんなことは言ってられませんよね。ロボットにできることはロボットに、人間しかできないことは人間が集中してやればいいじゃないですか。

 

そして、毎日定時できっかり帰りましょうよ。