遠くで起きていることじゃない!もっと危機感をもとう

会社の方のお勧めで2013年に放送されたテレビドラマ「空飛ぶ広報室」をみました。
普段はアニメばかりみている僕ですが、時にはドラマもいいですね。ハマりにハマっていっきに全話みてしまいました。

このドラマは自衛隊の広報室を舞台としています。そこで気になったキーワード、それは「スクランブル」です。スクランブルとは日本の領空に侵攻してきた飛行機を迎え撃つための緊急発進のことをいいます。

防衛省のHPでスクランブルの回数を調べてみたところ、平成27年は567回、平成28年は883回もあるそう。そんな迷惑なことをしてくるのは中国の戦闘機が大半のようです。1年は365日ですよ、1日2回以上スクランブルしていることになりますね。航空自衛隊のみなさんには頭が上がりません。

 

話は少し変わりますが、先日はまたも北朝鮮がミサイルを発射しました。4週連続、今年に入ってなんと10回目です。これに伴って、米原子力空母「ロナルド・レーガン」と海上自衛隊イージス艦「あしがら」との共同で軍事訓練を行いました。もちろん北朝鮮や中国へのけん制を込めているわけです。

イージス艦とは高度なレーダーを搭載した防空ミサイル艦です。万が一日本にミサイルが飛んできても、すぐに探知して着弾する前に撃ち落とすことができます。

 

でもさ、万が一のイージス艦があったとしても、いくら日本が猛抗議をしたとしても、不安じゃないですか?

・・・たぶんたいていの日本人は不安を感じていないですよね。遠くで起きていること。それくらいに思っているでしょう。

それじゃいけません。だって毎日のように日本の領域に土足で踏み込んでくる狂った奴らがいるんですよ。それこそ人を殺せるミサイルが日本海に落ちているのです。これって他国なら一触即発、下手したら戦争ですよ。

 

このように日本では空でも、海でも、攻撃を受けているのが現状です。「けっこう近くで起きてるよね、ちょっとヤバいかも」これくらいの危機感をもっていいのではないでしょうか。

 

※ちなみに、昨日ぼくのyahooアカウントが中国で不正ログインされたことがわかりました。どうやらネットの攻撃も始まっているようです。