本当の管理監督者はどれくらいいるだろうか・・

管理職。それは労基法上の管理監督者を指すのでしょうか。
管理監督者とは経営者と一体の立場にある方です。いわば社長の右腕として経営をする職と言えますね。

よって、社長に次ぐ絶大な権限を持っているわけで、通常の労働者とはもちろん扱いが異なります。会社の経営を左右するだけの責任があるのだから、労働時間を制約することはできないし、休日だって働くこともあるでしょう。それが大前提ですので、残業や休日手当という概念はなくなります。そう、残業手当は支払われません。

それをいいことに無暗に役職者を管理監督者としてしまう会社が後を絶たないのも事実。

 

みなさんの周りでもいませんか?

管理職でもちゃんと勤務表をつけている人、名ばかりでたいした権限もなく、その上の上司にただ従う人など。さらに、管理職になったがために残業代が支払われなくなり、残業代が支給される部下の方が給料が高いなんてことも。

そんな不憫な方々は残念ながら管理監督者ではないのですよ。だって勤務表をつけている時点で管理監督者なのに管理されてるじゃん、ということです。
※ちなみに管理監督者の給与は潤沢でなければなりません。残業代のある部下の方が給与が高い、それって潤沢って言えないよね。

 

要するに管理職になるためにはけっこうハードルは高いのですよ。でも、会社の都合で勝手に低くしていませんか??