破産するような会社では働きたくないか

旅行会社のてるみくらぶが破産したニュースが話題ですね。新聞広告費がかさんだとの理由で151億円の負債に陥りました。

 

ぼくが20代の頃グアムに行ったことがあるのですが、確かてるみくらぶでした。それでニュースを見て「はっ」と思ったわけです。

利用客からはお金を払ったのにチケットが発券されない、現地に行ったらホテルが取れていない、家族分合わせて100万円払ったのに返金されないなど、大変な騒ぎとなっています。ギリギリまで破産開始をしなかったこともあり、その被害者は数万人にも及ぶようです。

「詐欺だ」「計画倒産だ」などなど言われたい放題。うむ、こう言われても仕方がないでしょう。刑事訴訟にもなるかもしれませんね。

 

でもね、これが会社が潰れるってことなのだよ。

 

債権者が法人ではなく一般人に多いということだけでなんら普通の破産と変わりません。破産をして債権者がゼロということはほとんどあり得ないことですから。

 

破産開始となると、破産管財人(弁護士)が入り、社長の権限はなくなります。あとは管財人が債権者の対応をすることになりますが、そもそも負債過多となったから破産するので、お金もないんですけどね。
※今回の件は日本旅行協会と協議しているようですので、少しでも返金されることを祈るばかりです。

 

そういうぼくは労働者としてこれまで2社破産を経験しています。
前社もそのひとつです。その会社では仕事柄M&A事業のお手伝いもしていたこともあり、潰れてしまう会社をたくさん見てきました。

年間どれくらいの会社が倒産してるかって?

商工リサーチの調べでは2016年は8,446件もの破産がありました。と、言ってもよくわからない数字ですよね、例年に比べれば低水準だそうです。まあ、ほんの少しだけ景気は上がっているのでしょう。

 

だれでも破産するような会社に勤めたくないと思うでしょうね。
ぼく自身経験し、無職になるのではないかと、あのもやもやした気持ちはできるなら味わいたくはありません。

それでもその会社で働けたこと、勉強できたとはぼくの人生の中でとても貴重な経験だと思っています。大きな企業ほど安定しているのかもしれませんが、だからなんですか?

セクションが細かく分かれていて業務の幅が狭かったり、声を上げてもなかなか上層部まで届かなかったり、あぐらをかいて冒険しようとしない大企業なんていくらでもあります。

てるみくらぶにしても経営判断に誤りがあったと言わざるを得ませんが、この会社で仕事の楽しさを知った方もいるはずです。

どんな会社であれ、自分がどうあるべきかなんですよね。