間違いまくればいい、それでダメなら箱を代えればいい

ぼくはよく間違います。その原因はだいたいわかっています。

引き継がれたばかりの仕事はマニュアル通りにやったとしても、どこか不安が残るものです。そんな一抹の不安があるなら前任に事細かに確認るべきでしょう。これはぼくの悪い癖ですが、そういうのは「えい!やー!」で自分なりにやってしまうのです。

そんなんだから間違える。これはものすごくダメなことですね(認めます)

でもね、間違えたことはその印象を記憶に残し、経験として積むことができます。そうやって次は間違えないようにするための一手を打つことができるのです。

普通にできたことって記憶に残らないじゃないですか。間違えたこととそうでないこと、どちらを思い出せますか?きっと間違えたことのほうが印象に残っているはずです。

つまるところ人は間違えないと本当の意味で理解しないのではないでしょうか。すごく勝手な意見かもしれませんが、ぼくはそう思っています。

 

しかしながら、そのミスが致命傷となり信頼を失ったり、自分の居場所を危うくすることがあるかもしれません。それでは元も子もないと思われるかもしれませんが、それはそれでいいじゃないですか。さいあく会社を代えればいいだけのことです。

会社なんてただの箱なんですよ。居づらくなったら、合わなくなったら、別の会社に移ればいい。周りを見てください、見渡す限り会社しかないじゃないですか。自分に合う箱(会社)なんていくらでもあるはずです。

ちょっとオーバーなことを言ってしまいましたが、そのくらいの気持ちで何でも取り組めばいいと言いたかっただけです。

 

失敗を恐れていては何もできません。ましてや失敗をしてとって食われることもありません。


むしろ失敗をしていきましょうよ!