読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本とうまく付き合っていく

3月入り、内定者研修なるものが開催されていました。
内定者は4月になれば社会人の仲間入りを果たすことになります。期待に胸が膨らむというよりは、心配や不安の方が大きいかもしれませんね。

 

ぼくから一つだけアドバイスができるとしたら、

「本とうまく付き合えるようになっておこう」ですかね。

 

とてつもなくありきたりなアドバイスとなりましたが、社会人になってから本を読まなくなった、読めなくなったという人はけっこういます。または本に洗脳されてくないという人もいるでしょうか。たしかに本に頼らずとも、自分で考え抜ける力があればそれに越したことはありません。

 

でも、やっぱ限界はあるよね。

 

ぼくはこれまで様々な本を書を読んできましたが、読むたびにあらためて気づかされることがあります。上司も毎日のように読んでいるようですが、同じように気づきを探していることでしょう。


いやいや、気づきなんてないらない、下手に知らない方が幸せという方もいるかもしれません。

しかし、こういう考え方もできませんか。まずは情報を仕入れてみる、それから判断する。その情報を捨てるのか、残すのかは本人の自由ですし。

ネットや新聞でも知見を広げることはできますが、本に比べると内容の濃さは違いますよね。

 

本を読め。というわけではないけど、必要になることもあるだろうから付き合う程度には読める癖をつけておいた方がいいと思うのです。