読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自立することは自然の摂理だと思う

ぼくは社会人になったとき実家を出ました。親からはそう教えられたし、それが当然のことだと思っていました。

社会人になっても実家暮らしの人はけっこういますよね。親の介護やどうしても出られない特別な事情があるなら仕方ありませんが、それ以外で実家にいることはどういうことなのでしょう。

なんで実家なの?という質問に対して、「お金をためるため」「会社に近いから」「メリットがない」と平気で言う。

それでいいのでしょうか?

ぼくの認識が極端なのかもしれませんが、自立することは至極当然、自然の摂理でしかないのです。自立しない野生動物がいますか?たぶんいないでしょう。人間だけ特別というのもおかしな話です。

首都圏ともなるとたしかに物価は高いです。とくに家賃はお金をドブに捨てているようなものですから。でもね、それが生きるってことではないかと。給与が低いのであれば、我慢してそれなりの部屋を借りるしかないのですよ。

親も悪いのかもしれません。子育てはなんのためにしてきたのでしょう。子供が自立するためじゃないのですか。子供が近くにいることを良しとすることは、親も自立できていないことになりませんか?

それこそ野生動物は蹴とばしてでも子供を自立させようとしますからね、その動物から見たら人間様は笑いものになってしまいます。

 

社会人になったら自分の足で立つ。誰かに寄りかかろうとするのはその後のことだと思います。