自分はそんなに正しくないかもよ

会話や議論の中で、自分の方が正しい。そう思うことがあります。

それは経験からくるものなのか、スキルなのか、はたまた勘なのか。
自分が正しいと信じることは大事なことではありますが、その気持ちを強く押し出しすぎると、相手にとっては押し付けられたように感じることがあります。
「押しつけがましいな」そう思うことはしばしばですよね。

これは正論であっても同じことが言えます。
正論、それは世間一般的にも法律的にも間違いのない正善なことでしょう。だからこそ正論はどこまでいっても強いですよね。よって正論を振りかざした瞬間に議論は終了を迎えます。そこには反論の余地すらありません。

 

何が言いたいのかというと、自分を正当化し過ぎてはいけないということです。
自分の考えが間違っていることはあるし、どんなに正しいと思っていても他からみればズレていることもあるのです。

人によって受け取り方は千差万別ですからね、だれもが納得する正しい価値観なんて無いのかもしれません。

まずは相手の意見を尊重してみる。自分の正しさを主張するのはその後でもいいじゃないですか。