部が変わるためには、上の考え方が変わるか、上が代わるかのどちらかだ

理想の部署にいるという方はいるでしょうか。
なかなかいないかもしれませんね、「こうすればいいのに」「ああすればいいのに」「こう変わってほしい」そういう思いを持ちながら仕事をしている方が多いことでしょう。

そうやって部をいい方向に変えていくためには何が必要か。上司に提案をしたり、一人ひとりの意識を変えたり、声をかけあったり、こういう試みももちろん必要だと思います。
しかし僕が思うに、つまるところは課長の裁量次第ではないかと。部長ではなく課長です。プレイングマネージャということばがあるように、だいたいの課長は実務も片手にマネジメントしている方がほとんどでしょう。実務者と距離も近く、会社側に立つ部長とも近い、よって両方の想いがわかります。

ですので、課長は何が変えられて、何が変えられないかが判断できるのです。
中間層にいるぼくたちはその辺の情報が少ないので限界がありますよね。いくらギャーギャー騒いだところで変えられないものもあるのです。

だからこそ課長はとても重要なポジションだと思います。
変えられるところに気づかなければそれまでです。いや、気づかないだけなならまだしも、こちらが提案しても話半分で聞こうとしない、気づいても変えようとしない方も中にはいます。そういった場合は残念ながらその課長が代わるまでのはそのままということになりますね。

課長にばかり押し付けるのはおかしい、という意見もあるかもしれません。でも、役職もない方が部をがらりと変えた。という話をぼくは聞いたことがありません。

やっぱりね、上が者を言うのですよ。