読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これだから日本はイノベーションが起きない

先日、金融機関に勤めている友達からこんな話を聞きました。

語学の勉強と、自分の成長のために短期留学をしたい。上司に相談したところ、うちの部署では日本語ができれば問題がないから休職は認めらないと一掃さたようです。

友達「じゃあ、留学するためには会社を辞めるしかないということですか?」
上司「・・・それは困る。2週間くらいじゃダメなの?それ以上は会社の規定もあるし」

てんで話にならないですね。


ぼくの仕事柄、休職の申請書類をよく目にします。それは病気であったり、出産・育児がほとんど。残念ながら勉強による休職制度そのものすらありません。

健康体をもち、自分を高めようとする人に世間は厳しいようです。
休職といっても大抵の企業は無給でしょう。仕事に穴をあけられるのは痛いかもしれませんが、その代えをできる人はいないのでしょうか?こういうときだけ会社って都合がいいですよね。

 

もうひとつあります。就業規則で副業の禁止を謳っている企業が多くあります。副業自体は法律で許されているのに不思議ですよね。それこそ悪いイメージまで持つ人もいるくらいです。

 今の仕事とは違う分野を学ぶからこそ、発展できるという発想に至らないのでしょうか。そうやって人の可能性を閉鎖的に考えてしまうから、日本ではイノベーションが起きないのですよ。