自分の思考停止を新人に期待してはいけない

中途採用で入社したときや他部署への配置転換などで、最初に上司から言われる決まり文句。

「新たな視点でうちの部を見てくれ、そして気になることはなんでも言ってくれ」

この言葉の意味、それは同じ部署に長年にいるとその文化や環境が当たり前となり、改善箇所が見つけにくくなる。そんなところでしょうか。以前のぼくも後輩に同じようなことを言っていたかもしれません。

よくよく考えてみると、なんとも情けない話ですよね。これってただの言い訳じゃないですか。もはやわたしは思考停止しているので、新人くんよどうかお願いします。という悲しい叫びです。

たしかに長年同じ部署にいる方に比べれば、新人は新鮮な視点を持っているだろうし、客観的に見れるかもしれない。では、その新人が環境に慣れてしまったらその効果はなくなるのでしょうか。

それって、自分がそうだったように?

 

これじゃやっぱりダメですよね。慣れたら思考停止していいわけはなく、慣れてからがスタートですよ。

内からではなく、外から自部署を見つめてみる。これだけは常に意識しなければならないと思います。