読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人は変わることができるか

社会人、大抵の方が20歳を超えているでしょう。人格形成もそのくらいまでにある程度でき上ってしまうそうです。

では、その後に人は変われるのでしょうか。消極的な人が積極的になったり、おおざっぱな人が几帳面になったり。怒りっぽい人が優しくなったり。

 

ぼく自身と周りを見る限り、変われると信じています。そういう言い方をするのは、変わらない人もたくさんいるからです。
変わるためにはひとつだけ条件があると思っています。それは変わりたいと強く考え続けられるかどうか。

ぼくは20代の頃は仕事が苦痛でどうしようもありませんでした。でも人生の大半が仕事なのに仕事が嫌だと思うことがもっと嫌だった。だから好きになるためにいろいろなことをしました。人の真似をしたり、本を読みあさったり、セミナーに行ったり。そんなことを続けていたらいつの間にか好きになりました。
知り合いに引っ込み思案だった人がいます。その人は自分を変えるために思いきってひとり旅をして自分を追い込んでみたことをきっかけに、誰とでもコミュニケーショをとれるようになったそうです。

何がなんでも変わりたいと、その気持ちが強ければ強いほど人は変わることができるのではないでしょうか。

逆に自分を変えなくていい。今がベストだ。という方もいると思います。それでもいいのですが、それまでなのです。現状で満足してしまうことは、いつまでたっても何も変わらない面白みのない人間になってしまう気がします。

もちろん完璧な人間なんていないです。でも、自分が理想とする完璧を目指してもいいと思います。