読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「君がいなくなったら仕事が回らなくなる」それは嬉しいことではあるけれど、最大の侮辱だ

「君がいなくなったら仕事がまわらくなるよ」
それはうれしい一言なのかもしれません。自分が必要とされている実感をもてるからでしょうか。

でもそれに浸っていいの?とぼくは思います。

 

仕事はそれこそ自分が急にいなくなってもいいように、代わりに誰かができるようしておいた方がいいのではないでしょうか。

いやいや、これは私にしかできない専門的な仕事、これができるからこそ自分の存在意義がある。これも正解なのかもしれません。

しかしそれを言ってしまうと、行き着く先は属人化の一途です。
もし本当に自分になにかあって職場に行けなくなってしまったらどうなりますか?
業務がまったく回らない、仲間がそのフォロー対応に追われている。そうなることは賢明ではないし、心が痛みますよね。プライドを持ってやっていた仕事には実はリスクが潜んでいた。よくあることです。

だから、自分の仕事をしながら同時に他の人もできるように整えておかなければなりません。
それはマニュアルを作ることなのかもしれない、だれでもできるように分かりやすくしておくことなのかもしれない、他の担当を見つけておくことなのかもしれない。

そんなことをしたら自分の地位が脅かされるという思いに駆られるのかもしれませんが、それは違います。そういうことがしっかりできないと、その場の足踏みがだけが多くなってしまいます。

 

もう十分にできるのだからいいじゃないですか。そろそろ自分の仕事をオープンにして、次に進みましょうよ。