ただたんに残業ゼロを目指すことには違和感がある

電通過労自殺事件以降、企業の残業を減らそうとする動きが活発化していますね。たしかに過重労働による従業員のストレスには目をつぶれない状態です。しかしながら、ただたんに残業を減らそうという目標を立てることには違和感があります。

 

ぼくは19時~20時くらいには会社を出てまっすぐ家に帰ります。残業は少ない方と言えるでしょう。でもやらなければならない時は残業するし、目標を達成するために仲間と切磋琢磨しながら時間外に働くこともあります。それでなんとか達成できれば、残業してでもやりきってよかったなぁと思うこともあるし、それは自分の糧になってきたとも感じます。

もちろん残業を肯定するわけではありません。きついノルマを背負っていたり、上司から言われるがままであればその時間はつらいだけでしょう。
そうではなく、クライアントに喜んでもらうために、自分の成長のために残業をすることもありますよね。「残業=悪」という考え方は少し短絡的ではないでしょうか。

 

残業をなくそうとする試みは重要ではあるのですが、それよりも仕事をもっと「好き」になってもらうためにはどうしたらよいかを考えるべきだと思います。だって好きなことであれば長い時間やっていても苦にならないじゃないですか。長時間働いている人の中には仕事にやりがいを感じているからこそ頑張れる方もいるのです。

研修でも本でもなんでもいいです。まずは仕事を好きになることに焦点をあててみようじゃないですか。