メールはけっこう細かいところまで見られている

会社のメールを読むと、その発信者がビジネス書を読んでいるか、そうでないか何となくわかります。ビジネス書に限ったことではないですが、読みやすさを追及されたものが本となります。だから漢字・ひらがなの配分がしっかり調整されているし、文章として相応しい漢字やことばを使っています。

ぼくもビジネスメールを打つときはこの配分を気に掛けるようにしています。漢字が多すぎないか、読めない漢字はないか。逆にひらがなが多くて読みづらくなっていないか。文章として適切な表記になっているか。
これから上げるのはあくまで僕がそうしているという書き方ですので、あしからず。

 

・宜しくお願い致します ⇒ よろしくお願いいたします(このほうが柔らかい印象になりますよね)

・有難うございます ⇒ ありがとうございます(さすがにこれはひらがなでしょ)

・頂きます ⇒ いただきます(実際に物をもらうのであれば漢字でもいいかも)

・弊社・御社 ⇒ 当社・貴社(文章にする場合はこっちかな)

・纏める、齟齬 ⇒ まとめる、そご(難しい漢字は読みづらいのでなるべく使わない)

・督促 ⇒ 催促(督促はとても重たい印象なので、社内のやり取りでは催促が妥当)

・一人一人 ⇒ 一人ひとり(同じ文字が続くと、くどさがあるので)

 

要は自分本位の文章ではなく、スラスラ読める文章がいいですよね。相手がその文章を読むのだから。