そういうのは自分でやりなさいよ

役職者や会社での位が高い方は、だれでもできる仕事をやるべきではないと考えています。だって時給も高いのだから、その人にしかできない小難しい仕事をやるべきです。

では、なんでも部下に任せればいいのか。というわけでもないと思います。

 

以前の会社で自部署を統括する部長と面談があるということで、その下の課長がみんなの面談時間の調整を一人ひとりに聞きまわっていました。部長から課長へそういう指示がでたのでしょう。課長もただでさえ忙しい中それをやっています。

ぼくは思いました。「その部長が自分でやりないさいよ。あなたがみんなと面談をしたいのでしょ、だったらその面談を設定するのもあなたの仕事じゃないの」と。
(細かすぎるかもしれませんが、そういうのに敏感なぼくです。)

他にもあります。上司しか会ったことがないお客様なのにアポイントのメール打っておいてとか、ちょっとググればわかることなのに調べておいてとか。どうやったって上司がやった方がいいのになぜか仕事を振ってくる。それはただ面倒だから?

部下にやらせること、自分でやることを履き違えると、それは部下にとって不満になります。率先垂範ということばもあるように、上の方が示すべきことは上がしっかり行動するべきです。

 

(そうじゃないとさ、この人についていこうなんて思えないんだよ)