会議に出た以上はぜったいに発言すると、心に決める

会議では発言をする。これはよく言われていることですね。
ぼくも会議に出た以上はことばを発してこそ意味があるものだと思っています。

そもそも会議は、「全員で話し合う場」なんですよね。
誰かが一方的に話して終わりなら、メールで済んでしまうことになります。

 

日々の仕事をする中で、疑問や曖昧に感じることはは必ずと言っていいほどあります。会議の種類にもよりますが、知識をもった数人が集まるのだから、そういった問題を解消できる絶好の機会でもあるのです。

とはいっても、上司や先輩、部下がいる中で発言するのは勇気がいるのかもしれません。的外れなことを言ってしまったらどうしよう、それで浮いてしまったらどうしようと。

ぼくの意見を言います。「そんなこと気にすんな、的外れなことを言ってもいい、それも含めて会議なの!」です。極論、なんでもいいから発言しろということになりますかね。

わざわざみんなで顔を合わせるのだから、わざわざ面と向かって言葉を発していきましょう。