読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人から聞いたことは半分に、もう半分は自分で調べる

3年くらい前にインフルエンザにかかったことがあります。
たしか5日ほど休むはめになりました。転職後まもなかったこともあり有休もなく、健康保険の傷病手当金を申請できないか上司に相談しました。その方は長年総務労務を担当しているベテランです。

傷病手当金は待機3日後の4日目から支給されますが、その待機期間については土日は含まれないから申請できないと言われました。(インフルエンザ発症は土曜日でした)

それならしょうがない。

いや、まてよ、土日だろうと傷病状態であれば待機期間に含まれると本で読んだことがあったな。実際に調べてみるとやっぱりそうでした。その後もう一度上司に掛け合い、無事に申請することができました。たしか2万円以上支給されたのを覚えています。

どうやらその上司はずっと間違った知識でいたようです。
(いったい何人が犠牲になったことやら)


話は少し変わりますが、戦時中の偏向報道は聞いたことがありますよね。
ミッドウェー海戦の大敗を皮切りに日本軍は追い詰められていきました。それでもラジオや新聞では日本は優勢だと伝え続けていました。

 

テレビのニュースや新聞、雑誌、専門家のことば、どれも正しく感じますよね。
はたして信じ切っていいのでしょうか、どんなにプロフェッショナルであっても間違えることはあるし、政治的な働きかけから偏った内容になることもある。

故意のあるなしに関わらず、そういった情報をどのように受け止めるかは自分に責任があるといえます。

人の話は半分に、もう半分は自分で調べることが必要だと思います。