マニュアルを作ることは、一石なん鳥になるだろうか

業務のマニュアルは当然に作るべきだと思っています。
ぼくの同僚も当たり前のように作成し、気がついたらフォルダに格納してあります。
これがふつうだとも思っています。すべてにおいてマニュアルは必要ではないけれど、大方はあったほうがいい。

とはいっても、マニュアル作りにだって工数はかかる。たしかにそうなんですが、こんなにメリットがあります。

・マニュアルを作成するときにより業務を理解することができる
・業務を引き継ぐときに効率がよい
・担当が急に休んだとしても他の人で対応ができる(=属人化を防げる)

そしてこれが最大のメリットと感じているのが、

「業務改善」を考えるときです。

ぼくは改善活動を専売特許としています。その改善を考えるときにいちばん根気がいるのが業務を把握すること。そこを掴まないと改善なんてできないですからね。業務の担当者も忙しいのでなかなか説明をしてもらう時間も作れません。(こちらも申し訳ない感じになります)
体系化されたマニュアルがあれば、ざっと眺めればだいたいは把握することができるし、改善のポイントも見つけやすい。

 

これだけ見ても相当な利点がありますね、マニュアル作りをする時間とこのメリットを天秤にかけたらきっと一目瞭然でしょう。

これでもマニュアルを作らない意味ってありますか?