理解をしてもらう気はある?

所得税配偶者控除が103万円から150万円へ拡大する方針、という記事がYahooニュースに上がっていました。

たとえば扶養の妻がパートに出ている場合、103万円までの収入であれば夫の税金が優遇されていました。(たとえ103万円を超えたとしてしも配偶者特別控除といって段階的に控除される仕組みもあります)それが今後は150万円になるかもしれません。

しかし忘れてはいけないのは保険や年金。これらは130万円以上の収入がある場合は、扶養から外れ自分で支払わなければなりません。市区町村や等級によって金額は違うものの、ご存じのとおり高額です。さらに、今年の10月からは条件に当てはまると106万円以上で加入が義務付けられるようにもなりました。

「壁」という表現がよく使われますが、いろんな壁があってわかりずらいですよね。
上記はほんの一例で、他にも壁やハードルはたくさんあります。理解するにはそれなりの「勉強」が必要なほどです。

 

複雑だから、従業員から様々な質問をうけます。なかにはそんなことも知らなかったの?と思うこともあるわけです。
もちろん一概に従業員が悪いとは言えません。だってそもそもこの制度が分かりづらいじゃないですか。普段業務で携わっているぼくだって複雑なだなぁと感じるのだから、他の従業員はなおさらでしょう。

政府の意向もわかりますが、根本的に理解していない国民が多い現状についてもっと潜考すべきではないでしょうか。

(もっとシンプルにしろ、とぼくは言いたい。)

 

所得税ってお金なんです。それをぼくたち国民が負担しています。
汗水流して稼いだお金、理解できないことに払えますか?