読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンピュータにできる仕事は譲ってあげましょう

以前にもまして「AI」ということばを聞くようになりました。
IBMではWatsonという質問応答・意思決定支援システムを開発し、既に世の中に導入されています。このWatson、人間の通常会話を理解することができて学習もする優れものです。

たとえばコールセンターに問い合せが入った場合、オペレーターはその質問に応えるためにマニュアルをペラペラめくりますが、Watsonは会話の中でキーワードをみつけてリアルタイムにPC画面に答えの候補を表示させます。さらにその経験を蓄えることで、精度を上げます。(興味があるかたはIBMのHPをみてください

一方、技術の進化と共にきまって不安の声も上がります。

「わたしの仕事がコンピュータに奪われてしまうのではないか」

そう思ってしまう人は残念ながらその程度の仕事しかしていないことになりますね。いや、自分の仕事が機械でできるというロジックを組めたことはすごいかもしれません。

日本は少子高齢化が進んでいます。高齢になれば当たり前に体力はなくなるものです。じゃあそこをコンピュータで補ってもらおうじゃないですか。そうしないと衰退しちゃいますよ。ほんとうに。

日本経済発展のために、コンピュータにできる仕事は譲ってあげましょう。