意見はストレートに、論拠はしっかりと

みなさんは自分の意見をどのように伝えていますか?
なるべく相手への心象が悪くならないように、相手が傷つかないように気を付けている方が多いのでのではないでしょうか。

「○○さんの考えもわかりますが、私はこう思うのですけどいかがでしょう」
「間違っていたらすみません、私はこのように考えています」

両方とも相手に配慮したクッションみたいなものがありますよね、日本人特有の言い回しなのかもしれません。でもこの緩衝材っていりますか?
四の五の言わずストレートに伝えるべきだと、ぼくは考えています。

「私の意見はこうです」(言い切り)

これでいいじゃないですか、相手は驚くかもしれませんが、心に響かせることができなければせっかくの意見も無駄に終わってしまいます。

ひとつ大事なことは、その意見に対する論拠をしっかりもっていること。この論拠が足りなかったり、または論拠と意見にズレがあったりすると説得力を欠き、簡単に覆ってしまうことになります。

意見と論拠を一本にして、堂々と言い放っていきましょうよ。