読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言葉を発しないと、なにも始まらない

思ったこと・考えていることは、言い方はあるにせよ相手へむかって声に出して言うべきとぼくは考えています。だって心で思っていることが勝手に相手へ伝わったことがありますか?

阿吽の呼吸・以心伝心、他人とはなかなかできないことです。いや、家族や無二の親友であっても難しいかもしれません。長年一緒にいればその人の特性や考え方はおおよそ分かります。でもそれはあくまで予想です。相手の思っていることを100%的中させることなんてエスパーじゃないのだからそもそも無理な話なのです。

だから相手に伝わっていなことを大前提として、声に出して伝えるべきです。言ってみたら「そんなこと分かっているよ」なのかもしれません。でも後で食い違うよりはよっぽどましじゃないですか。

話は少し変わりますが、役職と給与が見合っていないことを理由に上司に給与交渉をしたことがあります。上司は「考えておく」と言ってくれましたが、しばらくおざなり。ぼくは心の中では「上司はきっと考えてくれている」と言い聞かせていましたが、いっこうに反応はありません。(まさか忘れているのではなかろうか?)(でも言いづらいし)、意を決して伝えてみると、どうやら失念していた模様。その後給料が上がりました。思っているだけだったら相当な損をしていたでしょうね。