読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダブルでもらうことはできない

先日、従業員が通勤中に自転車と接触してケガをしました。
事情はよくわからないのですが、「****GO」をやりながら自転車を運転していたのではあるまいかと思ってしまうのはぼくだけでしょうか。

通勤中の事故は労災(労働者災害補償保険)の範囲となりますので、国に請求をすれば給付の対象となります。同時に被災者としては加害者である自転車を運転していた第三者に損害賠償請求権もあるわけなので、両方からお金がもらえればそれはうれしいことですね。しかしながらそうは問屋が卸しません。

要はどっちが早いかのタイミングです。先に第三者から損害賠償を受けた場合は、国は労災の給付を止めることになります。または先に国から労災として給付を支給されれば、国は自転車を運転していた第三者にその費用を請求します。これは被災者の加害者に対する損害賠償請求権を国が取得するということになりますね。

そう、世の中はうまくできているのです。