許された訳ではない

今日は遅くまで激務が続きました。明日はただただ寝よう。

日本と言えば、残業大国というイメージがありますね。しかしながら残業(1日8時間を超え、週40時間を超えた時間など)は労働基準法では違反となります。
そうは言ってもこんなご時世ですので、残業は会社を維持するためにも必要不可欠な労働時間です。そこで大抵の企業は36協定を締結することにより労働基準法違反を回避しています。

36協定を締結すれば残業が「できる」「許される」というような表現を耳にします。
実はこれは少し意味合いが違っていて、8時間を超えた残業は労働基準法違反ではあるけれど36協定によりその罰則について、免責するということなのです。
違反は違反だけど罰については免除してあげるわけなので、けっして残業が許されたことにはならないのです。

残業はしないことにこしたことはありませんが、残業に対する耐性はもっておかなければならないと思う今日この頃です。