読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欅坂46。意思を貫くこと

去年の4月に鮮烈なデビューを飾った欅坂46の勢いがハンパないですね。デビューシングルの「サイレントマジョリティ」の売上枚数は50万枚を超え、YouTubeの再生回数はこのブログを書いている時点で、なんと52,322,708ヒットです。 ※ちなみにサイレントマジョ…

「ガ島」の戦いを知っているか

昭和16年に開戦した太平洋戦争。この戦争を経験したという方は80歳は超えているでしょうか。太平洋戦争と一口で言っても、そこには様々な攻防戦がありました。 その一つに真珠湾攻撃があります。これは有名ですよね。いまだ真相がはっきりしませんが宣戦布告…

間違いまくればいい、それでダメなら箱を代えればいい

ぼくはよく間違います。その原因はだいたいわかっています。 引き継がれたばかりの仕事はマニュアル通りにやったとしても、どこか不安が残るものです。そんな一抹の不安があるなら前任に事細かに確認るべきでしょう。これはぼくの悪い癖ですが、そういうのは…

3.11の、あるお話

東北大震災から6年が経ちました。みなさんはどのようにこの地震を経験したでしょうか。 ぼくはこの時、職場(新宿の少し古いビル)で仕事をしていました。たしか4階にいたと思います。ミシミシ、ガタガタと揺れがどんどん大きくなっていき、これまで感じたこ…

18金、24金の違いがわかるか

これまで一人でお昼をとることが多かったのですが、最近は職場の方々(お姉さま方)と行く機会が増えました。というか、いろいろな話が聞ける貴重な場となっています。 先日はひょんなことから金(かねではなく、きんのほう)の話題が上がりました。※ネック…

恥ずかしいことはためになる

以前、某キャリアの携帯電話ショップで働いていたことがあります。今はどうか知りませんが、その時代は携帯端末や充電器、充電台が別々の箱に梱包されていたため在庫管理がけっこう大変でした。 ぼくが入社したての頃、その日の棚卸で充電器の数が合わないこ…

本とうまく付き合っていく

3月入り、内定者研修なるものが開催されていました。内定者は4月になれば社会人の仲間入りを果たすことになります。期待に胸が膨らむというよりは、心配や不安の方が大きいかもしれませんね。 ぼくから一つだけアドバイスができるとしたら、 「本とうまく…

日本人は引き算を知らない

ファッションに詳しい友達がこんなことを言っていました。 「ファッションでもなんでも日本人は足すことしか知らない。もっと引き算をしないとバランスが悪い」 ふむ、最近ネイルをした女性をよく見かけますが、ビーズみたいなのも付いていて少しゴテゴテし…

風邪には負けてあげよう

男の武器と言えば、そう、ビジネススーツ。満を持してスーツを買いに行きました。(ぼくにとってスーツ選びは体力を使うので、腰が重たいのです) 接客をしてくれたのは気さくで親身な対応をしてくれる男性店員。しかし少し気になることが・・・「ゴホッ、ゴ…

美術鑑賞ではなく、人間観察となった

昨日は午後休をもらって篠山紀信の写真展を鑑賞してきました。 kishin-yokohama.com 美術館に行ったのは人生で2回目。1回目はたしか有名な絵画展でしたが、もはや作家すら覚えていません。まぁ、それくらい芸術には疎い自分です。 写真を撮るのは好きだけ…

肺が真っ黒になるというリアル

僕はたしか成人してからタバコを吸い、30歳になる前にやめました。禁煙してかれこれ6年になると思います。 不思議なことに禁煙してからはタバコの匂いが大の苦手となり、電車でタバコくさい人が乗ってくるだけで車両を代えるくらいです。 もともと体質にあっ…

女性の気持ちを知ってみよう

基本ハイヒールを履く女性の友達がいます。男性からしたらヒールは女性らしく魅力的に感じますが、一緒に行動をしているとどんどん歩みが遅くなり、小声で「痛っ」とか聞こえます。 大変だねぇ。その辛さはまったくわからないけど。他人事のように言ってしま…

ノウハウがあるから外に出せる

以前に人事労務系を募集する採用活動に携わったことがあります。管理系だけにそういった仕事をしてきた方からの応募が多いわけですが、面接では意外に感じたことがありました。 「社労士が全部してくれていたので、社会保険や給与計算の実務には詳しくはない…

給与の差押は都市伝説じゃない

住民税を収める方法には「特別徴収」と「普通徴収」があります。 会社勤めをしている方の大半は特別徴収となり住民税は給与天引きされます。一方、普通徴収は自分でコンビニや銀行などで収める方法です。 ただし会社員であっても、中途入社や休職(住民税を…

他部署に干渉してわるい?

縦割りの組織であるがゆえに、横のつながりが弱い会社はたくさんあるのではないでしょうか。ぼくがこれまで経験した会社もまさにそうでした。 むしろ横には安易に手を出してはいけない、そんな暗黙の了解すらあったくらいです。もちろん部署間の線引きは必要…

自由度が高いと使いづらい

これまで様々な会社でシステム(給与計算システムや勤怠システム、営業支援システムなど)を管理業務で操作してきました。 これはあくまでその中での統計ですが、自由にカスタマイズできるシステムほど操作は難しく、そして最後には廃れていくような気がしま…

より日本人で良かったと感じる方法。それは大海を知ること。

(前にも少し書きましたが)ぼくの友達がイタリア留学をしたいと会社に懇願しましたが、規定にもないと休職を上司に反対されていました。 そうして、とうとう、とうとう、「だったら辞めます」と言って決断に踏み切ったそうです。 (いや~、よくやった。尊…

他人の意見ほど重要なものはない。しっかり心に刻むべし

人の意見ってつくづく大切だなぁと思います。 最近、上司との折合いがうまくいかないことが多く少し戸惑っていました。そこで先輩に相談というか愚痴を吐いていたところ、こんなアドバイスをいただきました。 「嫌ってばかりいてもしょうがないよ、上司はそ…

どうしようもないのならバッサリいく。最初は痛いけど、きっと以前より良くなる

昨日は致し方なくメスを入れました。属人化してしまい、ブラックボックスとなった業務にです。改善というよりは根本を大きく変える仕組みを、ある意味強制的に推し進めることにしました。その業務を担当する方には細心の注意を払って説明をしたつもりではあ…

世間は狭いから、声も聞こえてくる

ぼくが働いている会社は19階にあります。先週帰りの際のこと、考え事をしていたら、誤って上行きのエレベータに乗ってしまいました。はっ、と気づいて20階で降り、そそくさ下りエレベーターに乗り込みました。19階で停止すると、二人の男性が乗ってきました…

自立することは自然の摂理だと思う

ぼくは社会人になったとき実家を出ました。親からはそう教えられたし、それが当然のことだと思っていました。 社会人になっても実家暮らしの人はけっこういますよね。親の介護やどうしても出られない特別な事情があるなら仕方ありませんが、それ以外で実家に…

即時罰則ということはないけど、労基法は守りましょう

先日、ぼくの知人が車のスピード違反をしてしまい罰則金を支払うはめになりました。(約50kmオーバーの違反で8万円とか言ってたかな)このように道路交通法では、違反すると即時罰則となりますね。 では、労働基準法はどうなのでしょう。 いちばん分かりやす…

自分の感情は殺さなくていい

部下、後輩に精魂込めて指導をすると、感謝の言葉やこれまで以上に信頼を得ることができたという見返りが欲しくなるのは指導者としての性でしょうか。 しかしながら、その見返りが期待通りに返ってくることは残念ながらほとんどありません。期待するだけ損を…

運用作りが苦手な人は、申し訳ないけど無理はしないで

前任からの業務の引継ぎや説明を受けたときに、少し失礼かもしれませんが「こんなやり方をしているの?」と驚くことがあります。 もっと簡単にその仕事をこなせる仕組みが世の中には溢れているのに代々から伝わるやり方を崩してはいけないという決まりでもあ…

自分はそんなに正しくないかもよ

会話や議論の中で、自分の方が正しい。そう思うことがあります。 それは経験からくるものなのか、スキルなのか、はたまた勘なのか。自分が正しいと信じることは大事なことではありますが、その気持ちを強く押し出しすぎると、相手にとっては押し付けられたよ…

それくらいの「余裕」はみせてあげようじゃないか

2月からは「プレミアムフライデー」がスタートするようです。月末最後の金曜日に15時退勤を促し、食事や旅行などの消費を高めようという政府の試みです。 早速批判の声が高まっていますね。月末の金曜日は忙しい、サービス業は逆に大変じゃないか、お役所や…

放任主義で人は絶対に成長しない

「放任主義」そんな指導方針も世の中にはあるようです。叱りもせず、褒めもせず、そうやってとくに目をかけず本人のやり方を尊重して仕事をやらせる。ふむ、社会人となれば自立した人間、自分の力でなんでもやってみるというのは理にかなっているのかもしれ…

部が変わるためには、上の考え方が変わるか、上が代わるかのどちらかだ

理想の部署にいるという方はいるでしょうか。なかなかいないかもしれませんね、「こうすればいいのに」「ああすればいいのに」「こう変わってほしい」そういう思いを持ちながら仕事をしている方が多いことでしょう。 そうやって部をいい方向に変えていくため…

教訓を風化させないことも、教訓

まさかのインフルエンザを発症させてしまいました。当分は自宅療養(監禁)です。 病院で計ったときの熱は37.0度。こんな微熱みたいな程度のインフルなんてあるものか、と勘ぐっていましたが検査結果はA型という判定になりました。(こんな可愛げのあるイン…

いいぞアパホテル、ガンバって!

一昨年台湾に旅行に行きました。ホテルへ向かう途中、現地のバスガイドよりこんな話を聞きました。 「この仕事をしていると、ホテルの関係者とお話する機会があります。日本人のベッドメイキングには1時間で済むようですが、中国人の場合は3倍の3時間かかる…

封印しないで受け継いであげよう

最初に配属された部署にずっと居続けることはあまりないことです。人事異動や転職、病気でリタイヤすることもあるでしょう。未来永劫なんてないのです。※そもそも定年を迎えれば強制的に退くことになります。 だから自分がいつかいなくなることを考えて、そ…

それ、職務放棄だからね

管理系の仕事をしていると、他部署で飛び交うメールを目の当たりにすることがあります。 残業を減らそうとする試みはよくとられているものです。以前の会社で、部を統括する方からこんなメールが発信されました。 「今月は残業を30時間におさめるように、各…

「相手のために」という要素を入れると、少し大人になれる気がする

みなさんの仕事の目的はなんでしょう。夢を叶えるため、自分の成長のため、お金のため、家族のため。 これはとりとめのない提案となります。 その目的の中に「相手のため」という要素を入れてみるのはどうでしょう。(サービス業の方は言われなくともそうし…

その信頼、回復できる?

ぼくの仕事場のデスクにあるモニターはサムスン電子製です。可もなく不可もなくといったところですが、画面が大きいので重宝しています。 サムスンと聞くと去年のギャラクシーノート7のリコールをどうしても思い出してしまいます。その欠陥は、まさかの発火…

これだから日本はイノベーションが起きない

先日、金融機関に勤めている友達からこんな話を聞きました。 語学の勉強と、自分の成長のために短期留学をしたい。上司に相談したところ、うちの部署では日本語ができれば問題がないから休職は認めらないと一掃さたようです。 友達「じゃあ、留学するために…

リスク度外視でも、やらなければならない

以前に事務のアウトソーシング会社で働いていたことがあります。 実務作業は契約社員やパートが担当します。正社員はどちらかというと人員の管理が主でした。そこではいわゆる「おつぼね」と呼ばれるベテランがいました。 まぁ、どこにいってもいますよね。…

自分の思考停止を新人に期待してはいけない

中途採用で入社したときや他部署への配置転換などで、最初に上司から言われる決まり文句。 「新たな視点でうちの部を見てくれ、そして気になることはなんでも言ってくれ」 この言葉の意味、それは同じ部署に長年にいるとその文化や環境が当たり前となり、改…

労基法を勉強しないから、ブラック企業が減らない

一日何時間働いたら残業代は割り増しになるのか、休憩時間は何時間必要か、有休が付与されるルールは、36協定とは。これをぱっと答えられる経営者はどれくらいいるでしょうか。 労働基準法はぼくたち労働者にとって身近な法律ですが、それを詳しく知る人は少…

自力か、他力か、

ある仕事を任されたとして、その与えられたセクションは自分の力でやり遂げようとする方がほとんどだと思います。担当となったのだから当たり前ですね。 ぼくはどうにも自力でやり遂げようという意識が欠落しているので、自部署でも他部署でも他に適当な人(…

MX4Dには、改善の余地がある

ローグワン・スターウォーズストーリーをMX4Dで体験してきました。MX4Dは3D画像の他に、映画のシーンに合わせて座席が動いたり、霧や風が噴射されたりと、臨場感を味わえるアトラクション映画です。それだけの細工があることから通常の倍とはまではいきませ…

ショートカットをみつけるために、時間をつかおう

年末年始は仙台の実家に帰省をしていました。久しぶりに自分の部屋(今は物置と化している)にいってみると、スーパーファミコンが目に止まりあまりの懐かしさにマリオカートをやってしまいました。このゲームといえば、そう、アイテムを使ったショートカッ…

遺憾の意を表する → ぜんぜん意味ない

韓国ソウルの日本領事館前に慰安婦像が設置された、というのが新年早々のニュースでした。慰安婦問題については日韓合意(日本が多額の賠償金を払った)により解決したはずです。それ以前に、在外公館はウィーン条約により韓国が守らなければなりません。な…

人は変わることができるか

社会人、大抵の方が20歳を超えているでしょう。人格形成もそのくらいまでにある程度でき上ってしまうそうです。 では、その後に人は変われるのでしょうか。消極的な人が積極的になったり、おおざっぱな人が几帳面になったり。怒りっぽい人が優しくなったり。…

使えるITは利用して、便利になればいいと思う

朝起きるとどうも体調が悪い。この状態で会社に行けるだろうか、でもやることあるし。そんな葛藤の末、仕方なく休みの連絡を入れることはありますよね。 急な休みの連絡を入れる場合、メールだけでは上司に失礼だからと電話をするという方が多いかもしれませ…

フォルダ構成の番人してます

どの会社に行っても共通する悩み、それはファイルサーバー内が荒れ果てていること。ぼくはこれまで5社経験していますが、ルールが保たれたフォルダ構成でスタートを切ったことがありません。 荒れているというのはどういうことか、階層なんてお構いなしで大…

一年の計は元旦になくてもいいけど、せっかくだから考えてみた

一年の計は元旦にあり、そんな古くさい言葉があります。元旦に決める目標ほど達成できないものはありませんが、まぁせっかくなので考えてみました。 まずは去年の目標を振り返ってみると、「将来の自分と対話してみる」としていました。そろそろ将来を考えて…

その文化、変え時ではないか (その2)

前回のブログに引き続き、変え時ではないかと感じていること。 まずは電卓。とはいっても僕もときどき使用するので一長一短ではあるのですが、なくなっても問題はないと感じています。そう思ってしまうのは、エクセルがあるからでしょうか。エクセルであれば…

その文化、変え時ではないか

会社に入社するときには様々な書類を提出します。雇用契約書や扶養申告書、誓約書、etc・・ ぼくは管理系の仕事をしているので、こういった書類をよく目にします。そこでときどき気づくとは、この印鑑はシャチハタだよなぁと。 現在、印鑑の証明力は低くなっ…

電車通勤は苦行であり、もはやバカらしい

以前に京王線沿いに住んでいたことがあります。通勤時この路線は恐ろしく混みあいます。しかも亀の歩みかとツッコミたくなるほどノロノロ運転(歩いた方が早いのではないかと思ったことがある)。そんな状態で1時間揺られるのは苦行でしかありませんでした。…

「君がいなくなったら仕事が回らなくなる」それは嬉しいことではあるけれど、最大の侮辱だ

「君がいなくなったら仕事がまわらくなるよ」それはうれしい一言なのかもしれません。自分が必要とされている実感をもてるからでしょうか。 でもそれに浸っていいの?とぼくは思います。 仕事はそれこそ自分が急にいなくなってもいいように、代わりに誰かが…