あえて自由度を残す

最近思うんですよね、大抵の実務にはマニュアルがあってそれに則って仕事を進めるわけですが、それって本当に楽しいの?って。

 

ぼくは大学生のとき住宅街にぽつりとあるイタリア料理店のフロアでバイトをしていました。そのお店では接客マニュアルがありません。というかあえてなかったのです。だから最初は戸惑うばかりで、店長からも客からもたくさん怒られました。自分で考えなければならないことが不安となり、その不安はいつしか恐怖に変わりました。1年くらいは続けたのですが、限界を感じて辞めました。
一応は経験がつめたし仕切り直そうと思ってチェーン店のフロアをやることにしました。チェーン店ならマニュアルが整っているから安心かと、まさに安直です。バイト初日、さっそく接客マニュアルのビデオをみます。それからビデオの通りに実践するだけ。先輩から「君、筋いいね~」なんて言われたけど、初日にして「なんだこの茶番は、つまらん!」と思いましたよね。マニュアルに書いてあることをそのままやるって誰でもできるでしょ。しかもそのお店では接客後、客にアンケートをお願いしたりするのです。アンケートをとらないと客の評価もわからないなんて犬以下じゃん。ということでその日にバイトを辞めて、もとのイタリア料理店に戻りました。

そんなことをふと思い出してしまいました。最近新人が入ってきて一生懸命マニュアルを眺めていたり、メモをとれとれと先輩から怒られていたり、そんな姿を見たからかもしれません。以前も書きましたが、メモなんていらないし、もはやマニュアルもいらない気がしてきました。もちろんマニュアルを重要さをわかった上でのことですが、その時その時の自由な発想で仕事に取り組んだほうが絶対に楽しいでしょ。マニュアルがあるとそれに執着するから新たな発見ができなくなるんだよね。

 

話は変わりますが、先日新卒の内定者研修があって、入社に関する説明をすることになりました。これまでのぼくならしっかり台本を作ってそれを完全に暗記してベースを作ります。ベースがあると余裕が生まれるので、笑いをとったりもできるからです。でも今回はなんとなく大枠だけ考えて、あとは即興でやることにしました。もごもごしてしまったところもあるけど、ベースがある時より確実に楽しかった。いや、本当に。なぜ楽しい感じられるか、それは自分が成長したと実感できるからなんですよね。いつも通りやっていたらもっとうまく説明できたけど、即興力は育たなかったはずです。

 

自由度がないのは安心だけど、あえて自由度を残した方がそこにひらめきや楽しさを見出せるんだよ、きっと。だからこれかもスカスカな状態で仕事をしていこうとたくらんでいます。

 

履き違えた働き方改革

働き方改革、働き方改革って、もううっさいんだよ!すみません、心の叫びです。

どの会社も右にならえで長時間労働の抑制に取り組んでいますよね。しかしながら、部下を早く帰せばそれで済むと思っている無能なマネジメントが多い気がします。さらには残業申請を強制させるというつまらなすぎることをやり出す始末。

重要なのは一人ひとりとちゃんと話して残業の原因を洗い出す、そして原因を解消する仕組みを作ることじゃないですか。それをしないで上から目線で「残業するな」と叫んだところで何も変わるわけがないのだよ。

そもそもですよ、長時間労働の抑制=働き方改革と履き違えていませんか?

これから日本は加速度的に労働者が減り続けます。働き手が激減する。だから仕事の効率化が重要なのです。2人でやっていた仕事は1人でできるように、2時間かかっている作業は1時間に、効果が低い仕事は思い切ってなくすとか。こういう効率化をしてはじめて残業の是正に繋がるのです。その仕組み作りや改善を考えることがマネジメントの役割なはずですよ。効率化を考えることを部下に押し付けるのは勘弁してほしい。

さらに驚いたことに、こんな状態にもかかわらず従業員エンゲージメント(会社への帰属意識)を高めようとする風潮もあるのだから、もうちゃんちゃんらおかしいわけです。

だからお願いです、履き違えないために本質を理解してほしい。そして履き違えていることがわかったら素直に脱いで反省してほしい。そして最後にちゃんと本質を履いてほしい。そうやって働き方改革を進めようじゃありませんか。

 

仕事ではメモをとらない。

なにやら久しぶりの投稿になりました。そして共感が得られなさそうな見出しになりました。

仕事でメモをとるのは、なんというか当たり前すぎですよね。人の記憶はけっこう当てにならないからメモという保険をかけて当然。というのが大半でしょうか。
そういうぼくはその保険には入っていません。そう、仕事中にメモをとることはほとんどないし、人にメモを取れなんていったこともありません。

それはなぜか、

まずは自分の脳みそのスペックを信じるようにしているから。まぁ自分の脳を生で見たことはないし、その内部もどうなっているかわからないけど、きっと人並みには働いているのだと思います。脳が貯蔵できる情報量を調べてみると、一説には1ペタバイトもあるそうです。ちなみに1ペタは1,000テラです。うむ、もはやよくわからない数字ですね、要は超大容量の記憶媒体なわけです。もちろんただで記憶できるわけではないのでコツは必要だと思います。ぼくの場合は、これは絶対覚える!と繰り返し念じています。コツにはならないか。

もう1つは、メモを取る行為自体が楽しいことじゃないから。なんか仕事上の義務というか、周りがそうしているからというか。それにメモする時間がもったいないのです。上司から今話したことメモしなくて大丈夫?とか聞かれると、「大丈夫にきまってんだろ。お前が気にしてんじゃねぇ」と謎の反抗感が生まれるのでした。

 

おっと、メモをとらない結果がどうなのかが重要ですね。とりあえずこれまでは問題なく仕事ができています。ほらね、やっぱりメモなんて必要ないのだよ。

 

苦手な人は苦手のままで

仕事は多くの人との関わりです。同僚、上司、他部署だけど絡みのある人、クライアントなどなど。その中ではどうしても苦手な人っていますよね。

 

例えばぼくが苦手とするタイプは、

・妙にプライドが高い
・なにやら話しかけづらい
・いつもノリが悪い

 

抽象的ですが、うんうんわかる。という方も多いことでしょう。
こういう人にはぼくから積極的に話すことはありません。仕事上どうしてもコミュニケーションが必要な場合はメールにします。声をかけるのは最終手段ですね。

好き嫌いがはっきりしていることはビジネスでは稚拙と呼べるかもしれませんが、それでもいいやと思っています。なぜかというと、苦手な人と仕事をしても何も起きないからです。いや、経験上いい仕事につながったことがない。にしておきましょう。

大人だからこそ好き嫌いをハッキリさせていいじゃないですか。苦手な人にかまっていたら時間も労力も無駄になるかもしれないのですよ。

効果を生むためには割り切る選択もありだと思います。

 

他人の評価は常にあっている

人の評価はやっぱり気になりますよね。自分の行動や能力、はたまた性格は他人からみて良いのか、悪いのか。

仕事でいえば人事考課があります。上司との面談で、会社のために自分はこれだけ頑張りました!とアピールしたところで、上司の評価はそこまで高くないのがオチでしょう。翻っては思ってもみないところを指摘され、上司と自己評価に乖離を感じることもしばしばです。

 

しかしながら、不満はあるにせよ、冷静に思い返すと自分かわいさから自己評価を高くしたことも否めません。自分は1から10まで頑張った過程を知っているから自己評価が高いのは自明の理です。だからこそ、客観的な他人の評価の方が自己評価よりもよっぽど信ぴょう性が高いといえるのです。それは上司に限った話でなく、家族や友人、同僚からの評価も同様でしょう。

 

たとえ納得がいかなかったとしても、まずは受け入れてみるとが大事じゃないですかね。だってさ、はね返してばかりいたら自己評価だけの人間になってしまうから。

 

大雨だけど選挙にいこう

非常に強い台風21号の影響で日本列島はひどい雨に見舞われています。ちょっと外を歩いただけで不快な靴と靴下となってしまいました。ということで先ほど投票を済ませ、今は図書館で乾かしています・・

こんな天候だと外に出るもの億劫ですよね、しかし、雨だから投票をしなくていい法律はありません。まだの方は頑張っていきましょう。

 

今回は衆議院選挙です。安倍首相こと、内閣総理大臣衆議院解散を表明したことによるまぁオーソドックスな選挙と言えるでしょうか。

なんでわざわざ解散をしたかって?それは安倍さんからすれば国民の民意を問うことができるからです。一時支持率が低迷したものの、この選挙で多くの議席を獲得できれば、それは「国民のお墨付きを得た」と言えるわけですね。

これは個人的な見解ですが、やっぱり消去法で自民優勢かなと。現に景気は一応上向きですし、北朝鮮からの脅威に対抗するには改憲はかかせないでしょう。

それに野党にはアベノミクスに対抗できる具体的な政策がないように感じます。というよりも脆弱さの方が目立つ始末です。注目されていた新党である希望の党は空中分解した民主党議員を多く入れたことで内部でも亀裂が生じている上、小池さんの二足のわらじにも批判が出ています。立憲民主党ツイッターの不正なフォロワー購入の疑惑が浮上し最初からおぼつかない状態。共産党なんて酷いもんですよ。NHKで報道したPRでは「安倍首相を倒す」の一点張り。倒した後にいったい何をしたいのでしょうか。

そもそも民主党時代の悪夢の政権がぼくの中でいまだに払拭できていません。あのようなことにだけはならないように、そう強く思うばかりです。

 

とにかく、投票をしないことには批判も意見もできません。さあ、みなさんも外に出てずぶ濡れになりましょう。

(つーかさ、ネット投票にできないのかな)

 

「三角食べ」は仕事で実践している

「三角食べ」って知っていますか?

主食→おかず→汁物みたいに、順番に食べていくことです。
ぼくは母からこの食べ方を教えられました。母曰く、バランス良く栄養が摂取できるのだそう。ホントかよ!胃の中に入れば一緒じゃないかと内心では思ってましたが、事実、栄養管理士の見解としては何の根拠もないとのこと。

ということで、食べ方としては意味がないようですが、僕は仕事でこの方法を採用しています。

日々の仕事では様々なタスクがありますよね。ひとつのタスクに集中して取り組み、完了したら次のタスクに取り掛かるという方が多いでしょうか。

ぼくは逆で、どのタスクもまんべんなく進めていくようにしています・・・というカッコいいものでもなく、見境なしにごちゃごちゃに手を付けています。
例えば業務マニュアルを作っていたとして、何かの依頼メールが届けばとりあえずその対応をするし、話しかけられたらそっちの対応に移る。そんな中アイデアが浮かべばそれも進める。ああそうだと思ってマニュアル作成に戻る。こんな繰り返しです。

一見非効率に感じるかもしれませんが、ぼくにとっては結果的に全体を把握することができる安心な進め方なのです。面倒な仕事を後回しにして、いざ手を付けたらその重たさに気付いて肝を冷やすことってあるじゃないですか。三角食べだとこれを防げるわけです。

それに、同僚や上司に話かけたとき「今集中しているから後にして」と言われたことないですか?そういう野暮なことも言わなくて済むのですよ。