真面目気質の緩和、それはそれで不安を感じる。

みなさんはお盆休みをゆっくり過ごせたでしょうか。
ぼくはというと、仕事に仕事が重ってしまい実家への帰省すら願いませんでした。現在進行で仕事三昧です。(別に苦ではないけれど)


ぼくの例はちょっと極端ですが、働くことを厭わないムードのある日本。この国の有休消化率は50%だそうです。これは世界的にみても低い数字だそう。日本人の真面目な気質から休むことへの罪悪感を感じる方が多いとのこと。確かに周りが働いている中で、休んだり、早めに帰ろうとした時は、なんとなく引け目を感じますよね。この真面目さが有休消化を妨げる原因の一つと指摘されているわけです。これを「悪しき習慣」とニュースなどでは報じられることもあります。

一方、なぜかわからないけどフランスが対比する国としてよくあげられます。フランスの有休消化率はなんと100%です。ただでさえ休日が多く、労働時間も短いのに有休まで消化しきってしまうのだから、すごい。日本人はもっとフランス人を見習うべき、なんてことも言われたりしますよね。

 

でもさ、そうはいうけどさ、じゃあフランス人になってフランスに住みたいですか?

 

フランスの平均年収は約330万円です。日本は420万円くらいなので、けっこう低いですよね。まぁ労働時間も短いだけに当然と言えば当然です。しかしながら、物価は高めなんですよ。一度旅行でフランスにいったことがありますが、高級店でもないのに軽めのランチに2,000円以上かかったことを覚えています。

それになんといってもテロが恐いですよね。記憶に新しいパリのバタクラン劇場で起きた無差別発砲テロでは90名もの犠牲者がでてしまいました。移民を多く受け入れていることもあり、治安は悪くなる一方です。

 

少し話がズレましたが、日本人の真面目気質ってある意味日本を守っているようにも感じるんですよ。電通の事件があったようにもちろん長時間労働は抑制しなければならないし、もっと有休も消化しなければならない、働き方改革は確かにしなければならない。

でもね、真面目気質が緩和されたとき、それはそれで恐いことが起こりそうな、一抹の不安を感じてしまうのです。

 

割れた窓は、すぐに直そう

割れ窓理論」を知っていますか?

割れた窓を放置しておくと、「割れたままでもいいんだ」という周囲のモラル低下につながり、最終的には全ての窓が割られるという理論です。要するに、汚いところはさらに汚くなるし、その逆に、きれいを維持しているところは汚くすることに抵抗感が生まれ、きれいな状態を維持できるということです。

この理論で復興したのがニューヨークでした。

80年代のニューヨーク市は犯罪が多発しており、もはやこの治安は改善できないとまで言われていました。しかし、ルドルフ・ジュリアーニ氏が治安回復を公約に市長に当選すると、早急にこの「割れ窓理論」を取り入れました。

そう、きれな状態を保つことに徹底化を図ったのです。

落書き、未成年者の喫煙、歩行者の交通違反などなど、軽微な犯罪をスルーせずに取り締まりました。それが功を奏し、5年後の罪件数は強盗が54.2%、婦女暴行が27.4%、なんと殺人は67.5%も減少し、見事治安を回復することができました。

(無罪の人が捕まったケースもあり、すべて成功だったわけではありません)

 

これってビジネスにも精通していますよね。

 

打合わせである部署に足を運んだ時のこと、予定が書かれたホワイトボードに退職した方の名前のマグネットが貼られていました。不思議ですよね、どうしてだれもその氏名が書かれたマグネットを剥がそうとしないのか。

案の定、部としての運用もうまくいっておらず、従業員の士気も低いようです。

 

本当に、本当に小さなことだけど、それを放置するとあとで目も当てられない状態になるかもしれません。スルーしてきたこと、そろそろストップさせませんか。

 

黒歴史だろうが、それが今の自分を形成している

みなさんにとって、黒歴史ってありますか?

まぁ、ありますよね。ぼくにも思い出すだけで脂汗が出てそれに引火して燃え盛るような、それはもう思い出したくない過去があります。

(その昔、会社の後輩に「サラリーマンは残業してなんぼだ!」と意気揚々に語っていたことがあります。その時の後輩の白い目を今でも忘れられません。。)

そんな過去は記憶から極力抹消したいものですが、そういう記憶に限っていつまでも覚えていたり、ふとした瞬間に蘇ってくるものです。あと、夢にでたりね。。

 

でもね、そんな過去が積み重なって今の自分が形成されていると考えたらどうでしょう?

過去の自分よりは今の自分の方がまだマシだと思う方が多いのではないでしょうか。その「少しのマシ」は黒歴史があったことに他なりませんよね。同じ轍を踏まないための思考や概念がしっかり脳内に構築されているわけです。

逆にその黒歴史を通ってこなければ、未熟なまま現在を進行していたかもしれません。

 そう、いまだに残業は美徳だ!とか言っていたかもしれないのですよ(ちなみに、現在の自分は残業をほとんどしない人間になり果てました)

 

過去の記憶ってどんなに酷いものでもちゃんと自分の血肉になっているのです。だから消し去りたいと思うのではなくて、むしろその記憶があって良かったくらいに考えてもいいかもしれませんね。

 

「失敗」というデータがとれた

北海道のベンチャー企業インターステラテクノロジズが開発した全長10メートルの観測ロケット「MOMO」が7月30日に打ち上げられました。

宇宙ロケットと言えばJAXAですが、そこに一石を投じるがごとく民間企業による単独打ち上げです。その最大の出資者は元ライブドアホリエモンでした。

ホリエモンと聞くと、なにやら悪いイメージを持つ方が多いですよね。でもぼくはそうでもないのですよ、それはホリエモン著者「ゼローなにもない自分に小さなイチを足していく」を読んだからでしょうか。この本はなかなかの良書です。ホリエモンが嫌いな人でも読んでみると、悔しいけど面白い!ときっと思うでしょう。

 

話を戻します。

MOMOは打ち上げ後、66秒後に飛行データが受信できなくなり、あえなく緊急停止となりました。目標としていた高度100キロの宇宙空間には到達できませんでしたが、この結果を元に年内の再挑戦に闘志を燃やしています。

産経のネットニュースには「初歩的な失敗」とあからさまなバッシングが書かれていました。確かに目標には到達できなかったわけだし、失敗と呼べるのかもしれません。でもね、「失敗」というデータがちゃんと取れたじゃないですか。何もしなければ何もないのです。だから宇宙への確実な一歩を踏み出せたと、ぼくはそう思います。

 

余談ですが、インターステラテクノロジズ打ち上げの翌日はお休みとしていましたが、それでも社員数名は出勤し、さっそく検証作業に取り組んでいたそうです。

巷では働き方改革とか騒がれていますが、こういう自発的な行動はなんだか気持ちがいいですよね。長時間だろうがなんだろうが、目標を成し遂げるためにがむしゃらに突き進む。それはそれでいいじゃないですか。 

 

 宇宙という壮大な目標だから熱くなれる?いやいや、どんな仕事だってここまで熱くなれるはずですよ。

 

仙台市民よ、それでいいのか

先週23日、仙台市長選の投開票がされ、無所属新人の郡 和子氏(60)が当選しました。

正直ちょっと目を疑ってしまいましたね、支持基盤は民進党野党共闘の候補ですよ。それだけ自民党の力が弱まっているということでしょう。地方選ってあんまり話題になりませんが、今回は大々的に報じられていましたね。

ぼくは宮城県仙台市の出身です。郡さんと同じ大学(5流大学)でもあります。元アナウンサーでもあり、その辺の知名度が影響したのでしょう。出口調査では50代~70代の圧倒的な支持率でした。きっと若い方々がちゃんと投票していればこんな結果にはならなかっただろうに。。

こんなことを書いてしまうのにはもちろん理由があります。郡 和子のやってきたことには賛否両論があるわけです。

北朝鮮への制裁反対、いじめ加害者の擁護、移民の推進、外国人参政権の賛成などなど。もはや純真な左巻きですよ。

慰安婦への謝罪と賠償を主張する反日デモにも参加しているくらいです。いったいあなたはどこの国の人ですか?

韓国とは日韓合意(最終的かつ不可逆的な解決)により、日本は賠償といて10億円を拠出しています。じゅ、10億円ですよ!それはもちろん税金です。にもかかわらず、いまだにあの不気味で可愛げもない慰安婦像をいたる所に設置しようとしているのが韓国人です。(もうさ、韓国とは国交断絶しようよ、それでもきっと日本は大丈夫)

 

仙台のこれからに一抹の不安を感じざるを得ません。

 

相手の立場になってみる? そんなの疲れるからやめるべし。

相手の立場に立って考えてみろ。よく聞く説教ですね。

ぼくは大学生の頃から社会人5年生くらいまでサービス業をしてきたので、嫌というほどこのセリフを耳にしてきました。特に元ホテルの黒服をしていた上司からはそれはもうこっぴどく叩きこまれましたね。サービス業はお客様あってのもの、お客様の立場になって接客をしなければリピートはしてもらえない。

 

でもね、持論を言ってしまうと「相手の立場になることは疲れるだけ」。 残念ながらそこにたどり着いてしまいました。こんなことを言っていいのか分かりませんが、相手の立場に立とうとする人は、そのほとんどが自己満足で終わっているように感じます。

(だってさ、そもそも相手の立場に立つことって本当にできるの?)

おそらく相手の思考に踏み込もうとするのは人間くらいでしょう。人間だけは生物の理論を超越した特異にいるのでしょうか。それにいくら相手の立場といっても、その立場に立っているかどうかはだれが判断できるのでしょう。相手に聞くわけにもいかないし。それこそ履き違えた立場にいることもあるのではないでしょうか。だとすると、相手のためにならなかっただけでなく、自分は疲れるだけ、そう、正にとりこし苦労です。

 

だからさ、真正面から自分がやりたいことをやればいいんじゃないですか?

相手の立場とかそういう美辞麗句に逃げるのではなくて、得体の知れない相手の気持ちを汲み取るのではなくて、自分がやってあげたいと思うことをやる。その結果が間違いだと気づいたら素直に直してゆく。

そうやって自分の主張に抗っていくほうがよっぽど有意義だと思うのですが、どうでしょう?

 

地球に影響がないことを祈る

ペテルギウスをご存知でしょうか?
これを聞いてRe:ゼロのペテルギウス・ロマネコンティを思い浮かべた人はアニメ好きですね。

まぁ、そんなことはさておき、ペテルギウスとは恒星のひとつです。オリオン座を形成する星であり、冬の大三角を成す星でもあります。とてつもなく大きな天体であるため肉眼でも確認することができます。その大きさといったら、太陽の1,000倍であり、それは地球の190,000倍ということになります。

ペテルギウスは誕生してからまだ1,000万年の若い星ですが、既に膨張が限界にきているらしく、いびつな球状に変形しているようです。

じゃあ、限界までくるとどうなるのか?

それは空気を入れすぎた風船と一緒で、破裂します。これを「超新星爆発」というそうです。

これだけ巨大な星が爆発すると、それはそれは凄まじい「ガンマ線バースト」が降り注ぎます。なにかの必殺技みたいですが、端的にいえば超強力なレーザービームですね、ほんの少し触れただけで生物は死滅するでしょう。以前は地球にも少なからず影響が出るのではないかと懸念されていましたが、最近の調査ではその心配はないと考えられています。

(考えられているだけで、実際に爆発しないことにはわからないんだけどね)

だからこそ気になるのは距離でしょうか。地球からペテルギウスまでは640光年離れています。1光年は約9兆4千億キロなので相当離れています。僕たちに見えているペテルギウスは要するに640年前のペテルギウスの光なわけですね。

ん?まてよ?
もし、超新星爆発の強い光が肉眼で見えるようになるということは、640年前に既に爆発していることになります。よってまだ見えていないだけで、既に爆発している可能性もあるわけですね。

そう考えるとちょっと恐いですよね、離れているからこそ不安定なタイムラグを感じます。

とにかく、地球に影響がないことを祈るばかりです。